チラシを大量に作りたい人必見【業者依頼で費用を格安に抑えよう】

さらに格安を目指す!

チラシ配り

とにかく格安でチラシ印刷を依頼したい場合は、モノクロや単色の印刷がオススメです。使用するインクが少ないので、配色がたくさんありカラフルで華やかにカラーをたくさん使用した印刷よりもインク代を削減できます。格安であることを絶対条件とするのであれば、シンプルなものが良いでしょう。また、モノクロや単色の印刷は納期が早くなることもあります。しかし、モノクロ印刷や単色の印刷は注意が必要な点があります。例えば、パンフレットやチラシをモノクロで印刷する際には、情報をわかりやすく伝える必要があります。モノクロや単色では、写真や画像が、カラーのものに比べるとイメージしにくくなります。このような際には、モノクロや単色であることを逆手にとって、デザインなどをスマートに、でもしっかりと情報を伝える内容に仕上げることで、周りと差を付けることができます。また、モノクロ印刷では、「白」と「黒」の2色しかありません。グレーはその中間色になりますが、印刷の際にグレーはありません。印刷では黒のパーセントを調整することでグレーを表現しています。写真をモノクロ印刷で依頼する際ですが、カラー写真をそのまま印刷すると、インクで細かい部分がつぶれてしまい、黒いのっぺりとした印象の写真が印刷されます。このような事態を避けるためには「グレースケール」を使用しましょう。グレースケールというのは、白から黒までの明度を調整して表現する方法です。カラー写真をグレースケールになおすことで、モノクロにしたときでも、潰れることなく、上手くグレーを表現することができます。チラシ印刷の際に、格安で依頼するならば、モノクロやグレースケール、単色での印刷を上手く使い分けましょう。